業務内容

厨房設備関連 -  SRM(スチームライスマシン)

SRM(スチームライスマシン)

製造工程

製造工程

ごはんの品質

ごはんの品質
①味が変わります

ごはんの水分調整によって白飯は、適度な硬さと粘りがあるものになったり、
冷凍食品向けなったりと、お好みに応じた炊飯調節が可能です。  

②ごはんが痛みにくくなります

ごはんが黄色く劣化する原因は、ぬか油の酸化、雑菌の繁殖です。121℃以上4分間の熱を加えると、菌が死滅し上記現象を防げます。
SRM(スチームライスマシン)は、最高140℃の加熱水蒸気で炊くことで殺菌処理を行い、お米が膨張をはじめる段階で、熱湯の散布を行うため、お米に付着した糠油、ごみ、雑菌等は流れ落ちます。

③好みに応じた炊飯調整ができます

多品種安定炊飯、ほぐし、バラ化、焦げ飯自由自在に調整できます。

コストダウンで経済的

①省スペース(既存スペースの有効活用)

箱型3段コンベア構造で、従来の釜炊飯ラインに比べ、占有空間は、約1/4となり、設置面積は、約1/3となります。

設置スペース比較(処理量500kg/h)

1日1万食を生産したと仮定した場合
②省ランニングコスト

蒸気の熱変換効率は約90%と高く、ガス釜炊飯での熱変換効率は、約30%と低いため単純に1/3程度のランニングコストになります。

さらに、あらかじめ登録したモードでは、1人で操作可能となり、現在複数人で炊飯しておられる方は、人件費も削減できます。

炊飯技術においても、人に依存するバラツキがないため、一定の品質を維持できます。

驚きのコスト削減!
 
③省メンテナンス

主構造を単純化することに成功し、部品点数も大幅に削減することで、メンテナンスをほぼ不要にしております。

④炊き増え 

熱量を一気に加え、約2分で米の芯温が80℃に到達すると、お米の中心部から外側部分まで、均一な水分率で炊飯が可能となり、割れ米等の破砕米がごはんにできます。同じ白米量でも炊き方によって量が増えるため、この原理が原価コストを大きく低減する部分となります。

作業環境

作業環境
人と空調環境にやさしい炊飯機となっております。

ガス釜炊飯ラインは、熱ロスが多いため、夏場の作業環境は、最高50℃位になります。このため長時間炊飯する場合は、作業員の労務環境への配慮が必要不可欠です。
SRM(スチームライスマシン)は、保温構造にしているので、熱ロスが少なく、外気温プラス5℃程度と、人と空調環境にやさしい炊飯機となっております。また、作業員の火傷による労災問題も同時に回避します。

操作性

操作性
作業者は、一人で十分です。

通常の炊飯調整は、炊飯時間のみで行い、タッチパネルにて時間を入力登録します。一度セットされたモードで、作業者に依存することなく再現性の高い炊飯が可能です。
したがって、"誰が操作しても同じ炊飯が実現します。作業者は、一人で十分です。

SRM(スチームライスマシン)に関するお問合せはこちら
営業日
ホームページ、メールでのお問合せは・24時間受付
お電話でのお問合せ:平日9:00〜17:30(土日祝祭日は除く)
お問合せ・ご質問

■ご質問・お問合せは、お問合せフォーム・お電話でお気軽にお問合せ下さい。
TEL:0797-82-1811 FAX:0797-82-1810