業務内容

除菌消臭液 -  除菌消臭液-トップ

除菌消臭液「FKブロック」は、優れた除菌消毒力と高い安全性を誇る除菌・消臭・消毒液です。

除菌消臭液

毎年あとを断たない、O-157をはじめとする細菌性食中毒や、大きな問題となっている病院などの院内感染。人々の環境への関心は年々高まりつつあります。特に直接人体への影響や健康に関わる食品や水、住空間における衛生管理は、これからの重要なテーマといえるでしょう。

ご家庭をはじめ、各種施設の厨房や、病院、学校、鉄道車両などの空間噴霧処理、鮮魚や精肉、厨房・医療機器、ホテルのリネン関係などの除菌処理、さらに、飲料水、工場排水、し尿処理場の汚水等の水処理と用途は多彩。

健康で安全な毎日を創造する衛生的な環境づくりを強力にサポートします。除菌消臭液「FKブロック」は食品衛生の強い見方。あらゆる厨房をはじめ、様々なところで大活躍。学校、レストラン、病院の厨房はもちろん、病院内、航空機内・ホテル客室、トイレ、ロッカー、床などにもご使用ください。

FKブロックは、あらゆる空間を噴霧消毒、消臭します。

FKブロック使用例

噴霧器を利用したFKブロックは、水成二酸化塩素を主原料として独自に開発製造された除菌消毒液です。

噴霧された超微粒子液は、処理空間の隅々まで行き渡り、臭気をはじめ、さまざまな菌類、ウイルス、カビ類に村し酸化反応を起こし、これらを分解。速やかに除菌・消臭処理を行います。

FKブロック使用例

FKブロックは理想の化合物。水成二酸化塩素は、塩素と同系列のものとは全く違い、毒性が作用することありません。

オゾンのようにOが3個という、生体にとって危険な状態でもなく、Oが2個という安全な状態で酸素が有効に働くため、塩素の作用は起こらないのです。まさに理想の化合物です。

実際のご使用例と数値結果

殺菌力検査

・塩素剤に比べて約2.5倍の酸化力と7倍以上の殺菌力が立証されており、菌の量に応じて反応作用し分解させる性質がある。

・アルコール、オゾン水に比べても殺菌力に持続性があり、食品薬品安全センターでの「まな板での残留試験」で6時間以上を記録している。

・菌の量、悪臭の強度に応じて反応作用し分解させる性質があり、アルコール除菌液では殺菌できなかった芽胞菌、ウイルス、MRSA、カビ、悪臭に対し酸化反応をおこし、分解させる。

 

殺菌力検査

・反応領域が広いので反応物のPHレベルに関係なく効力を発揮し、直接菌の細胞膜に酸化作用する為、菌・悪臭源を分解する速効性がある。

・菌に対して一定量を満たすと、酸化イオン気化成分を放出しない性質のため、少量、低濃度でも効果を発揮し、引火性も無い。

資料「FKブロック」をアップロードしました。ダウンロードしてご覧ください。FKブロック

「殺菌効果試験報告書」をアップロードしました。ダウンロードしてご覧ください。殺菌効果試験報告書

ご購入ご希望の方はお問合せフォームよりお願いします。代引可。お問い合せ

営業日
ホームページ、メールでのお問合せは・24時間受付
お電話でのお問合せ:平日9:00〜17:30(土日祝祭日は除く)
お問合せ・ご質問

■ご質問・お問合せは、お問合せフォーム・お電話でお気軽にお問合せ下さい。
TEL:0797-82-1811 FAX:0797-82-1810